命を懸けて命を輝かせるカウンセラー

『100人の男女とSEXをしたバイセクシャルの女装家セラピストが伝える異性を100倍幸せにするスピリチャルSEXの秘密に』お越し頂きありがとうございます。

 

☆はじめましての方はこちらから

このブログの取説と自己紹介

 

 大好評自分カレシとの恋愛で自愛を高める

一人恋愛メソッドについてはこちら

一人恋愛メソッド公式BLOG


クノタチホのブログが本になりました

『男の選び方大全』出版社kadokawa

皆さん、こんにちわ。

愛のあるSEXが地球を救う

クノタチホです(⌒▽⌒)

 

皆さん電波少年の猿岩石の世界をヒッチハイクしていく旅の企画覚えてますか??

めちゃくちゃ過酷な旅企画


彼らのような学生時代を過ごしたゆかり先生の夢は教育者になることだったそうです。


「熱血教師になれると確信していましたね。

経験したことを子どもたちに伝えたいと思っていました」

とゆかり先生は2011年当時の地元福岡の広報にインタビューされた時に答えておられます。


社会勉強を兼ねスイミングスクールでアルバイトをしていたとき、カーテンで“ターザンごっご”をしている子どもを見かけ一緒に遊ぼうと駆け出したゆかり先生。

しかし、ほかの先生から

「子どもたちを止めて下さい!」

との声。

良く思い付いた、面白い遊びだとは思ったけど

「止める」という選択肢はなかったそうです。


「私が目指す“教師”は公務員という枠の中では無理なのではないか。こんな思いのまま教師にはなれない」

と思い悩んだゆかり先生は、大学に行く意味を感じられなくなり退学。

目標を失うと…

どう生きていけば良いかさえ分からなくなったしまったゆかり先生。

そんな時、世界中を旅した男性との会話を思い出したそうです。

「インドが一番良かったという彼に

『いいですね、男性は1人旅できて。女性では難しい』

と言うと

『それは女性の言い訳だろう?』

と返されたんです」

大学も辞めてしまったし、できるかできないか、女の言い訳かどうか、インドに行ってみようと当時のゆかり先生は決意したんです。


インドに渡ったゆかり先生は、マザー・テレサの施設「マザーハウス」にたどり着します。


登録すれば誰でもボランティアとして滞在できたのですが、そこでの生活は衝撃的だったようです
「生きる意味を無くした私が必要とされる場所や人がいました。
それに加え、テレサの話が印象的だった。
修道所を始めた時、ケガの手当てをし、体を洗って、洋服を着替えさせても、すぐに亡くなってしまう。
そこで活動するシスターたちが『私達の活動に意味があるのだろか?』とテレサに尋ねると、彼女は
『10分、15分でも人間らしく死んでいくことに意味がある』
と答えていました」
とゆかり先生は語っています。

そんな話を聞いて
「私はまだ20歳。生きる意味を無くした私だからこそ、やれる事があるのではないか」
と考え、日本へ帰国。

大学2年分の単位を移し、通信教育で心理学を学びながら働こうと考えていた時、エステティックサロンの募集広告をみつけます。
そこには
「精神的カウンセリングをしていただくお仕事です」
との記載。
この仕事に出会ったことでゆかり先生の人生は現在の方向に動き始める。


29歳の時に、「株式会社ウンゴロウンゴロ」を設立。

ngoro-ngoroとはアフリカにある自然保護地区の名前で、人類はアフリカから世界中に広がっていった(アフリカ単一起源説)と言われています。ゆかり先生は

新しいもの

楽しいもの

大切なこと

発信できるような会社にしたいといった想いから名づけられたそうです。


ゆかり先生はマザー・テレサと出逢いがきっかけで

「生まれてきた意味がある毎日とは?」

「人生を謳歌するとは?豊かさ、成熟とは何か?」

「人が輝く、人が活きるとは?」

といったテーマと30年向き合い続けて来られたそうです。

これが今度セミナーをご一緒する城ノ石ゆかり先生のカウンセラーとしてのスケール感です。
カウンセラーになるまでのストーリーが
凄い
出会ってすぐにゆかり先生の言葉がアタシに刺さったのはゆかり先生の言葉の裏側にゆかり先生の死生観を感じとったからだと思います。
自分の命を懸けて
他人の命を輝かせるカウンセラー
そんな印象を受けてすぐに憧れたアタシは昔ツィッターでゆかり先生の名言を引用ツィートしてました。
ゆかり先生から滲み出るメニミエナイ何かを必死で自分のものにしたくてモデリングしてたの♡
だからこそ今のアタシがいる。
死生観を持って言葉を吐くゆかりイズムを継承出来てるんじゃ無いかなって思います。
そんなゆかり先生のセミナーを無料で受けれるチャンス絶対逃したらダメだよ!!

わたしらしく生きる事を目標にしてる人にも絶対参加して欲しいけど。

わたしらしく生きる事のお手伝いをする事を仕事にしてる人は絶対全員参加だよ。

そしてゆかり先生の新刊にはゆかり先生の死生観の伴った言魂が沢山詰まってるから。

絶対買ってね♡♡
クノタチホが無料セミナーを開催するなんてこれが最初で最後だよ。
それぐらいみんなに
城ノ石ゆかり
という超本格派のカウンセラーを知って欲しいのです。

2月14日日曜日
18時〜20時
【参加方法】
今回のイベントの参加条件は
城ノ石ゆかり先生の新刊
そろそろ『わたし』でいきていく
を購入する事です。
なので
・書店で本を購入したレシート
もしくは
・amazonの購入画面のスクショ
(ネット購入はAmazon限定とさせて下さい)
添付し
rock.kunotachiho@gmail.com
までメールを下さい。
件名に
無料セミナー参加希望
と入力
本文には
・お名前
・Facebookアカンウト
を入力してメールを下されば。
Facebookグループにご招待します。
セミナーはFacebookグループにてライブ配信するカタチで行います。
質問などはFacebookグループのコメント欄から頂くカタチになりますのでよろしくお願いします。
なので
2月14日日曜日
18時〜20時
当日参加出来ない方も後日視聴可能なので是非本を買ってご参加下さい♪♪
申し込み期限は
2月14日日曜日
12時迄
とさせて頂きますのでよろしくお願いします。



[st-kaiwa2]掲載媒体:クノタチホのブログ
命を懸けて命を輝かせるカウンセラー[/st-kaiwa2]