三橋順子先生ブログ

LGBTトイレに「差別助長」=当事者から批判、取りやめ-悩む行政当局・大阪市

投稿日:

ブログ名:三橋順子先生ブログ

5月21日(月)

私が昨秋の日本トイレ協会「全国トイレシンポジウム」(2017年11月18日:横浜)で主張したこと。

① LGBには「トイレの困難」はほとんどない。
② 「トイレの困難」は、主に移行期のT、およびXの問題。
③ 多目的トイレの増設で対処可能(「LGBTトイレ」はいらない)。  
④ 「半男半女」のトイレ・ピクトグラムはTへの誤解を増幅しかねないので止めてほしい。

---------------------------------------
LGBTトイレに「差別助長」=当事者から批判、取りやめ-悩む行政当局・大阪市
0180519at02_p.jpg
京都市内のホテルの多目的トイレで使われている男女の姿を半分ずつ合わせたマーク(右端)=2月28日、京都市下京区

性的少数者(LGBT)に配慮した自治体や企業の取り組みが、逆に「差別を助長する」と当事者から反発を受けるケースが出ている。大阪市は男女どちらでも使える「多目的トイレ」にLGBTを象徴する虹色のステッカーを貼ったが、当事者から批判を受けて取りやめた。使いやすいようにとの意図が裏目に出た形で、担当者は頭を悩ませている。

多目的トイレは高齢者や車椅子のままでも使いやすく設計されている。男女どちらでも使えることから、大阪市はLGBTの人に利用してもらおうと、市庁舎内の多目的トイレのドアに虹色のステッカーを貼った。

淀川区の職員がLGBTを支援するNPO団体の講習を受け、発案した。2014年から始まり、周辺の区役所にも広まった。しかし、当事者から「入るとLGBTと見られる」などの声が届くようになった。

批判の高まりを受け、大阪市は3月にステッカー表示を取りやめることを決めた。吉村洋文大阪市長は4月の記者会見で「当事者の声を聞くことがまず大事だ。何もしないというのが一番良くない」と述べ、今後もLGBT政策に取り組むと強調する。

京都市内の大手ホテルも、多目的トイレに男女の姿を半分ずつ合わせたマークを使用している。このマークに対する不快感を示す声が当事者から寄せられた。担当者は「アメリカの小学校でも普及している。千人いたら千人満足するものはない」と割り切り、当面は表示を残す予定だ。

京都市で2月、当事者が集まり「LGBTトイレについて考える京都会議」が開かれた。参加者からは「善意の押しつけは迷惑」「社会一般が『LGBTはここに入るんだ』という認識になるのが恐怖」などの声が上がった。主催者は「個別の困難に対して手を差し伸べるのが支援だ。シールを貼ることが支援ではない」と批判する。

「時事通信」2018年05月19日04時00分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018051900135&g=soc&utm_source=twitter&utm_medium=jijicom&utm_campaign=editor

LGBTトイレに「差別助長」=当事者から批判、取りやめ-悩む行政当局・大阪市
LGBTトイレに「差別助長」=当事者から批判、取りやめ-悩む行政当局・大阪市
三橋順子先生ブログ

ヘッドライン女装ニュースLGBTニュース求人イベントファッション女性化女装外出人間・恋愛お店女装ワールド女装ワールドDeep

No items, feed is empty.

-三橋順子先生ブログ
-,

Copyright© 女装ワールドポータル-日本最大級の女装専門情報サイト- , 2018 All Rights Reserved.