女装トランスジェンダー検索エンジン・専門情報ポータル

女装ワールドポータル

三橋順子先生ブログ

警視庁防犯部「新しい売春携帯とその捜査」

ブログ名:三橋順子先生ブログ

6月20日(水)

最近、古書店(股旅堂)の目録で落札・入手した資料(とても高価だった)。
SCN_0057 - コピー.jpg
1958年2月、つまり「売春防止法」完全施行の1カ月前に、警視庁防犯部が作成した「新しい売春携帯とその捜査」という「部外秘」の小冊子(16頁)。

東京都内の「赤線」は、「売春防止法」完全施行の1~2カ月前(1月末、もしくは2月末)に営業を止めた。
その時点で「モグリ売春」の捜査・摘発のために編成された特別部隊の幹部(中隊長)に回覧されたもの。

表紙に捺された部外秘の判子、隊長以下の決済印、中隊長たちの「回覧済」の月日記入と印鑑が生々しい。

「はじめに」では、売春防止法の全面実施後も「表面だけを糊塗して売春を継続しようとするものが多く出るのではないかと思われる」として、「最近までに取締面に現れた事犯からみて、予想される売春形態」を本文で次のように列挙している。

① 青線
② 旅館(ホテル)
③ カフェー・キャバレー等
④ 白線置屋(しもたやの売春宿)
⑤ ガイド・クラブ
⑥ 結婚相談所
⑦ パンマ
⑧ やとな
⑨ トルコ風呂。

この内、④は商家ではなく一般住宅(しもた屋)での売春行為。
⑤ガイド・クラブは「ステッキ・ガール」と呼ばれた同伴サービスを装った売春クラブ。
⑥は結婚相手の紹介を装った売春組織。
⑦は「パンパン・マッサージ」の略で、按摩を装った売春。
⑧は料理店、料亭などに派遣されて客を接待する女性で、中には売春をする者もいた。
⑨は「ソープランド」の旧称で、この時点で都内に50数軒あり、偽装転業の代表的な業種だった。

それぞれについて「捜査要領」を指示している。
警察は「売春防止法」完全施行後の状況をかなり正確に予想していたし、おおむねそのようになった。

警視庁防犯部「新しい売春携帯とその捜査」
警視庁防犯部「新しい売春携帯とその捜査」
三橋順子先生ブログ

-三橋順子先生ブログ
-

Copyright© 女装ワールドポータル , 2019 All Rights Reserved.