クノタチホのブログ

恋愛のマイルール⑤『心も体も裸の付き合いしてからがスタート』

更新日:

ブログ名:クノタチホのブログ

☆初めましての方へ~このブログの使い方~

女装して夫♂と彼女♀を両立する脳と心の専門家が教える『恋愛錬金術』にお越し頂きありがとうございます。このブログは、起業、共同経営、不倫、結婚、同性愛SEX、倒錯した異性愛、様々な自分の体験からの気づきとNLP心理学、ユング心理学を基に皆さんが自分らしい『人間関係』の創り方に対するヒントになるような事を記事にしています。2015年からもっと自分に正直に生きようと思うきっかけがありましてアタシ【女の自分】と僕【男の自分】の意識のポジションチェンジを繰り返す奇妙な倒錯生活開始しました。

同性だった男性とSEX、恋愛、失恋を繰り返すうちに、【男の自分】だけが意識で生きてきた自分の思考と”今”の思考には大きな変化があります。たくさんの読者さんより”今まで悩んできた人間関係の問題の根底にあるものに気づいた”というご報告を頂いております。アタシは社会が前提とする性の在り方の枠を外した事でホントに自分らしい在り方と、自分らしい人間関係と、自分らしい人生を手にいれました。

皆さんを悩ましている前提の枠が一つでも外れますように。

ざっくりと自己紹介↓↓

改めして『クノタチホです』

皆さん、コンバンワ今日は、女装を始めた頃に初めてカラダの関係になった男性の事を書きたいなって思います。

4人付き合ったって以前のブログには書きましたが、最初の1人は他の3人のようにデートしたり普段から連絡とったりってしてなかったから付き合ったうちに入るのかな??

って思うぐらいの人でした。

それにこないだブログで紹介した彼に対する感情レベルと比べると、やっぱりこの時期のアタシはまだ半分、『女装しているボク』みたいな意識に近かったって感じます。

男性を好きとか愛おしいって感じたのも2人目の彼氏が初めてでした。

だから最初はエッチしてみたい。

女装した自分を観て男性が興奮するのか確かめたいっていう好奇心から始まったかも知れません。

初恋より先に、ロストバージンしちゃってました。

でも初体験の相手だった男の子も歳下だったんどけど今思うと、初体験の相手は彼で良かったなぁって思うんです。

なぜなら彼は若いのにアナル開発のエキスパートさんだったから。

しかも元芸人さんで個性的な男の子だったw

仕事何してるって教えてくれなかったけど、多分だいぶん変わった稼ぎ方してたんじゃないかなw

オーストラリア🇦🇺のワニ🐊ファームでエルメスのバーキン用のワニを飼育してたんだってw

あと自転車でアメリカ🇺🇸🚴‍♀️縦断した話しとか

完全にアタシとは世界観が違う人だったけどエッチするだけじゃなくて話するのも楽しかった♫

そんな彼との思い出も少し振り返ってみたいと思います💓

思い出ランキングBEST3位

テーマ:道具

彼はホントに色んな道具を駆使してアタシのお尻の開発をしてくれた。

まず驚いたのが粘度が違うローションを毎回3本用意してくれた事とそれをキチンと奥に注入するための注射器などを用意してくれていた事。

あとはアタシのお尻に傷がつかないように最初の頃はお医者さんが使うような薄いゴム手袋を使ってくれた事。

後にも先にもこんなに道具を駆使する男性は初めてでホントに触り方とかも優しくてホントに彼に雌性を開発されたといっても過言ではありません。



思い出ランキングBEST2位

テーマ:女装願望

彼にはホントこの世界の男の性欲の根本を教えられた。

これは認めない人もいるけど、女装とかニューハーフが好きな男性の殆どが女性化願望や女装願望があるという事を教えてくれた。

後は行動に移すのかどうかだけの区別で、女装したアタシみたいなのを抱くと女性を抱くよりも同じカラダのつくな分、自分が男性に抱かれている想像、つまりは倒錯しながら抱けるから興奮するという事を教えて貰った。

だから女装好きのトラニーチェイサーさんは自分に似た女装さんが好きっていうパターンと、自分とは真逆のタイプを選ぶ事が多いって事を教えてくれた。

そんな彼とのお別れした理由は彼が女装を始めたという事を聞かされたから。

正直受け入れられなかった😭

そして女装することに心理的な障壁が少なそうな相手かどうかめっちゃ選ぶようになった。




思い出ランキングBEST1位

テーマ:未体験の快楽

昔先輩から前立腺を刺激すれば、ペニスの刺激なしでも男は射精する

という信じられない話を聞かされて

えっ🤯マジで???

という衝撃が走った

そんな神秘体験、男に生まれて死ぬまでに何割の男性が味わえるんだろう??

って初めて聞いた時は空想の世界に近いぐらいの情報だったけど、この彼のおかげでアタシも無事にその体験を果たす事が出来ました。


前立腺刺激して射精する事をトコロテンって言います。

押し出されて出るからトコロテンね。


前立腺刺激されて射精せずに逝っちゃう事をドライオーガズム、略してドライって言います。


ドライは雌スィッチのかなり深いところ(愛が無いと無理)にあるから、かなり心理的なようそ多いけど、


トロコテンは肉体的は刺激で到達できる範囲だと思います。


何十年間って女装してても両方体験した事無いって言う人が多い中で1人の男性でトロコテンを経験して


2人目の彼氏でドライオーガズムを体験したアタシはかなりの達人級らしいです


殆どの人は開発の段階で下手くそにあたってアナルを弄られるのが恐くなっちゃうだって


アタシはこの事を心理学用語と交えて

アナルフォビアと呼んでいます。


フォビアって恐怖症の事ね


フォビアの中でも痛覚に対する恐怖心ってかなり強くこびりつくから厄介なんです。


歯医者嫌いな理屈と同じだよね😭


SEX嫌いになっちゃった女の子もきっと同じなんだろうなって置き換えて考える事あります。


SEX=痛い事

になっちゃうとダメだよね。


という事でアタシはこの初めての男性が開発のプロだったおかげでアナルで男性を受けいれる事に積極的になれたんだと思う。


でも彼に言われたんだけど、結局はアナルSEXは受け入れる勇気があるかないかだけなんだって。


チホは男を受けいれる才能があるね

って頭撫でられたの覚えてる。


男と女の本質かもしれないですね。

受けいれるって感覚とても大事です。


男性って上手く挿入出来ないとペニス萎んじゃって復活しない事多いって、男性とSEXするようになった不思議な男の体のメカニズム。


アタシは男側のポジションする時にそんな経験無かったから。


拒否されたって感覚が凄く強く身体感覚レベルで残るんだろうなって思う。


振り返ってみて1人目の彼との出会いは、ホント恋愛する前の準備期間だったなって思います。


2人目の彼はエッチ激しかったし、1人目の相手だったとしたら受けいれる器量無かっただろうな。


こんな初めての男性体験記を振り返って気づいた恋愛のマイルールは

心も体も裸の付き合いしてからがスタート

って事です


心と体は繋がっているし、もちろん相手とその両方がうまく繋がる事がホントに男女関係のベースにあるんだけどSEXや性欲に対してある程度お互いが理解をもってないと心は繋がってるんどけど、カラダが上手く繋がらないって事あると思います。

アタシの自論ですが、心と体どっちから先に繋がってもいいんじゃね??

ってのがアタシの個人の考え方です。

アタシの恋はだいたいSEXから始まりますからね💓💓

相手の事知るのに一番わかりやすいですから

心も体も裸の付き合いしてみないとわからないですからね。

今日のはrootsだな。

女モードの男性遍歴はここまで、こっからはどんどん性が逆転していきます。

正直こっからがアタシのカオスの世界です。

男の時何考えて女と付き合ってたのかうまく記憶に上がってこん時があるので、、、、

オホホホ

ちょっと恐いです😭

でもきっと何か意味あるはずだから楽しんで振り返っていきたいと思います。

ついでって言ったら失礼ですが、読んでくださってる皆さんの気づきにも繋がれば良いなって思います。

今日も読んでくださってありがとうございます😊

ブログを読んで

一度電話で話してみたい

相談したい事がある

聞いて欲しい事があるって方は気軽に初回無料の電話カウセリング是非ご予約下さい。

初回無料カウンセリング(電話)60分

最近、話してみたかったって方が予約くださる事が増えてきましたw

 

どんな理由でも結構です、皆さんとお話しするのを楽しみにしています(⌒▽⌒)

クノタチホ


掲載元:恋愛のマイルール⑤『心も体も裸の付き合いしてからがスタート』

ヘッドライン女装ニュースLGBTニュース求人イベントファッション女性化女装外出人間・恋愛お店女装ワールド

-クノタチホのブログ
-, , , , , , ,

Copyright© 女装ワールドポータル-日本最大級の女装専門情報サイト- , 2018 All Rights Reserved.