ニューハーフ生活情報~ニューハーフ美塾

「女性として働きたい!」トランスジェンダーの為の4つの仕事の探し方

投稿日:

ブログ名:ニューハーフ生活情報~ニューハーフ美塾

「女性としてお昼の仕事に就きたいけれど、どうやってお仕事を探したらいいのかが分からない」

そんな悩みを持つトランスジェンダーの方たちも多いのではないでしょうか?

トランスジェンダーという言葉が認知されてきた昨今でもナイトワーク以外のお仕事を探すことは中々容易なことではありません。

今回の記事は、女性として働きたいトランスジェンダーがどのようにお昼の仕事を探せばいいのかご紹介していきます。

ハローワークで探す

代替えテキスト

最近はさまざまな求人媒体がありますが、求人数の多さで見ると圧倒的にハローワークが多くなっています。ハローワークだと、求人を掲載するコストがかからないことも理由の一つです。

トランスジェンダーが就職や転職活動をする上で、求人情報を探すならハローワークの利用が欠かせません。トランスジェンダーの方がハローワークを利用して求人情報を探すときの注意点や流れを紹介していきます。

LGBTに理解がある職員が増えている

ハローワークは、一人でも多くの人が就業できるように支援を行っている機関です。以前は仕事を紹介することが一番の目的でしたが、今は離職率や転職率を抑える意味も含め、その人にあった仕事を紹介するシステムが構築されています。

当然、その人の個性にあった仕事をマッチングさせていくなら、職員の教育が必要です。ハローワークの職員はLGBTの就業に関する指導や教育を受けているので、LGBTであることをカミングアウトした上で最適な仕事を紹介してくれます。

ハローワークならではの配慮

最近ではLGBTに理解がある職員のおかげで、働きたい会社を紹介してもらうときに女性名で説明や紹介してくれるサポートを受けることができます。ナイトワークしか経歴がない方も、サービス業と言い換えて面接を受けさせてもらうことも可能です。

職員によってLGBTに対する理解度は異なります。より自分にあった仕事を探したいのであれば、理解してくれる担当者を探すのもポイントです。担当者に恵まれると、自分の希望に沿うLGBTフレンドリーの企業を紹介してもらうこともできます。

服装・髪型自由の求人情報誌・企業の採用ページから探す

代替えテキスト

求人情報を出している会社やお店は、求人情報の中で求める人材の詳細を記載しているのが普通です。髪型や服装について細かく指定があるところは、会社規則が厳しいことも予想されます。

一方で服装や髪型自由にしている会社やお店は、やる気や適性があれば見た目は気にならないスタンスです。このように求人している人材の特徴から、トランスジェンダーが働きやすい会社かどうか判断することもできます。

服装や髪型自由の会社は増えている

LGBTフレンドリーの企業が増える中で、個性を尊重する会社が増えている側面もあります。美容関係やアパレル関係など、オシャレが仕事に関係するところだと服装や髪型を自由にするのは分かりますが、デスクワークなど社内の人以外と接触する機会が少ない仕事だと、会社の規律を守るという意味でも服装や髪型に一定のルールを決めているのが普通でした。

しかし、個性を尊重してのびのびと働ける環境を作った方が仕事の効率化を促すことができるため、服装や髪型に細かい規定を設けないところが増えているわけです。このような会社やお店であれば、トランスジェンダーでも個性が尊重されます。

求人情報誌や企業の採用ページを確認する

服装、髪型が自由かどうかについては、企業の採用ページや求人情報誌を確認することで把握することができます。服装や髪型が自由ということは、言い換えると見た目は気にしないということです。もちろん服装や髪型が指定されていても、LGBTフレンドリーの企業として登録を受けているなら問題ありません。

一先ず男性として就職して徐々に女性化し、会社からへの信頼を得てからタイミングを見計らってカミングアウトするのもよいでしょう。

SOHO、在宅ワーカーなど個人で出来る仕事を見つける

代替えテキスト

昔に比べるとトランスジェンダーに対する社会の理解度は高まっています。全国的にLGBTが働きやすい社会作りをしていますが、実際は働きにくいと感じている人が少なくありません。会社に馴染めないという不安があるなら、個人で出来る仕事を見つけるというのも選択肢の一つです。

SOHO、在宅ワーカーとして活躍しているトランスジェンダーの方も増えています。

個人事業としての可能性

トランスジェンダーの方は、他の人にはない経験をしている人が大半です。その経験を活かして情報発信や講演するなど、自分にしかできないことがあります。個性が尊重される時代になっており、少数派として生活している人の知見や経験が重宝されることが予想されます。

他の人にはない物を持っているのは、ビジネスにおいて大きな武器になるのです。

個人で出来る仕事を見つけるために

個人で仕事を見つける方法として、SOHO専用の求人サイトの利用がおすすめです。自分の出来ることやプロフィールを記載することで、興味を持った人から直接的に仕事を依頼してもらうことができます。自分では仕事にならないと思っているようなことでも、仕事として必要としている人もいるものです。

個人で働くメリットは、個性を前面に出せることです。同僚、部下、上司との人間関係を気にすることなく仕事ができます。個人で仕事をして稼ぐ人は、他の人にはないものを持っているものです。個人で働くことも一つの選択肢と捉えましょう。

ヨコの繋がりで仕事を紹介してもらう

代替えテキスト

トランスジェンダーをオープンにして社会で活躍している人はたくさんいます。理解がある会社に恵まれれば、自分の個性を殺すことなくイキイキと働くことができます。しかし、自分の理想とする会社であるかどうかは実際に働いて見ないと分からない部分もあります。

LGBTフレンドリーを謳っている企業に就職しても、実際に働いてみると嫌な思いをしたという声もあります。そこでおすすめするのが、横のつながりを頼って仕事を見つけることです。

口コミの強み

今はインターネットを使って同じ境遇の人と簡単に交流することができます。SNSや掲示板などを通して同じ境遇の人とコンタクトを取り、どんな仕事をしているのかリサーチするのもよいでしょう。

また、トランスジェンダーとして働いている人の口コミを参考にするのもおすすめです。就職や転職活動している人にとって、本当に欲しい情報は働いている人の声です。口コミを探して、いい口コミがあれば繋がりを活かして仕事を見つけられることもあります。

繋がりを持つ大切さ

仕事の幅を広げるという意味でも横のつながりは大切ですが、自分と同じような境遇の人がしたい仕事をしてイキイキとしている姿を知るのも刺激をもらえてメリットです。また口コミを見るだけでなく、自分から情報発信していくことも大切なことです。

何故なら社会的な面から見ても現代はタテの社会からヨコの社会へと移り変わっています。以前のように会社に毎朝通勤すという当たり前の構図からSOHO、在宅ワーカーなど個人で出来る仕事が増えてきているように人々の働き方も変化しています。

今後、会社に勤める人たちは少なくなり個人で仕事を請け負う人たちが多くなる社会で、個人の仕事の能力を高めるために知識や技術を深めたり人脈を築いていくことがこれからの社会で生きていく上で重要な課題となっていきます。

まとめ

代替えテキスト

私たちトランスジェンダーにとってお昼の仕事に就職することは容易なことではありません。

しかし、ハローワークやLGBTフレンドりーなどの企業が1人の個性として理解を深めようと歩みよってくれている企業も増えてきていることは事実なので諦めずに自分に合った仕事を探していきましょう。

そして、上記以外にも様々な仕事の探し方が存在しています。

・夜の仕事に就き、個人事業者のお客さんに知り合い、仕事を紹介してもらう。
・自分自身でスキルを磨き個人事業主、もしくはセミナーの講師などをする。
・SOHOやココナラのようなソーシャルネットワークを利用しスモールビジネスを数多く立ち上げる。

など、今あるテクノロジーも利用していきながら小さなビジネスを複数持つこともいいでしょう。

現代社会では大手企業に勤めたとしてもいつ倒産してしまうか分かりません。複数のビジネスを持つことで潰しの利くように生活の基盤を積み重ねるのも一つの手です。

現状、苦しくても1人の人としての仕事の能力を高めていくことで社会で生き残っていくには大切なことです。セクシュアリティも大事な自分自身の一部であることは確かですが本来の自分が本当にしたいことに向かって技術を磨き続けたり、困難にも打ち勝つ人間力を高めていくことが自分らしく生きられる一番の近道ではないでしょうか。

「女性として働きたい!」トランスジェンダーの為の4つの仕事の探し方
「女性として働きたい!」トランスジェンダーの為の4つの仕事の探し方
ニューハーフ生活情報~ニューハーフ美塾

ヘッドライン女装ニュースLGBTニュース求人イベントファッション女性化女装外出人間・恋愛お店女装ワールド女装ワールドDeep

No items, feed is empty.

-ニューハーフ生活情報~ニューハーフ美塾
-, , , , ,

Copyright© 女装ワールドポータル-日本最大級の女装専門情報サイト- , 2018 All Rights Reserved.